唇のシミやほくろを改善!原因や予防方法とは!?

投稿日:

唇のシミやほくろを改善!原因や予防方法とは!?

唇のシミとほくろはなぜできるのでしょうか。

原因と予防法、気になる治療法や対処法をご紹介しています。

唇にも肌と同様シミができます。

唇は色が濃いので肌ほど目立ちませんがシミはできるんです。

唇は角質層が薄くデリケート。

紫外線からのダメージを受けやすいのです。

また鉱物系の色素などを使った口紅もシミや色素沈着の原因に。

では唇のシミの対策はどうすればよいのでしょうか。

まずはなんといっても予防です。

唇のシミやほくろ対策

紫外線対策

UVケアのリップクリームを使い、口紅は鉱物系でないものを選びましょう。

クレンジング

洗顔の際に、唇もしっかりクレンジングして余分な汚れをしっかり洗い流しましょう。

特に落ちにくい口紅を塗ったときは丁寧にクレンジングを。

やさしくマッサージ

唇も肌と同様マッサージをして新陳代謝を促しましょう。

決して力を入れず、やさしく行ってください。

できてしまった唇のシミはなかなか消すことは難しいのですが、より多くのシミをつくらない、シミはなくても全体にくすんだ唇にしないためにも日ごろのケアが大事です。

唇が乾燥して荒れているとあまり化粧のりが悪いだけでなく印象さえ悪くなりがちです。

唇の乾燥対策をしっかりして、手入れの行き届いた美しい唇を手に入れましょう!

唇乾燥対策

寒い季節がやってくると乾燥するのは肌だけではありません。

唇も乾燥してしまいます。

唇は特に角質層が薄いので、乾燥しやすいのです。

もちろん冬だけでなく夏のクーラーでもとても乾燥します。

唇の乾燥を防ぐには外気から唇を守るために膜をつくるのが一番。

それにはリップクリームを塗ることです。

リップクリームの油分が唇に膜の役割をはたしてくれるので外界の乾燥や刺激から唇を守ってくれるのです。

唇が乾燥すると、唇をなめることで乾燥を補おうとしてしまいがち。でも唇をなめてしまうと、もともとあった唇の油分をぬぐうことになってしまいその結果余計に唇の乾燥を促すことになるのです。

唇をなめるのは唇の乾燥にとって逆効果なのでリップクリームで乾燥を防ぎましょう。

唇の乾燥を改善するには、リップクリームを夜寝る前に塗るのがベター。

特に11時から2時の間に唇や肌の角質層が生成されるので乾燥によって荒れた唇の回復を促すことになるのです。

さらにひどい乾燥の場合は、リップクリームではなく、白色ワセリンがおすすめです。

海外旅行などへ行くときは、唇が乾燥しやすいので、白色ワセリンを持参されるとよいと思いますよ。

かなりひどい唇の乾燥も数日で改善されます。

それでも乾燥が収まらない場合は皮膚科で診察をされることをおすすめします。

もっと唇乾燥対策

冬は空気が乾燥して肌だけでなく唇も乾燥しがちなです。

皮がむけて血が出てしまったり、硬くなった唇がひび割れ、口紅ののりが悪いなど唇の乾燥は結構やっかいなものですよね。

唇の乾燥対策はリップクリームやワセリンを塗ることが基本ですが、唇の乾燥を根本的にやろうという方にみずみずしい唇をつくる方法をご紹介したいと思います。

そもそも唇の角質層は肌の角質層と違ってとても薄いのです。

さらに保水成分(細胞間脂質・天然保湿因子)も肌に比べてとても少ないのです。唇はもともととても乾燥しやすくデリケートなんです。

肌がそうであるように唇も紫外線は大敵です。

日焼けした時に唇もガサガサになった経験をした方もいらっしゃるのでは?

唇を保護しているように思える口紅も化学物質が多く含まれているものが多く口紅を塗ることで唇が乾燥したり、ダメージを受けたりすることもあります。

冬の暖房はもちろん夏のクーラーも乾燥を促します、

また不規則な生活や栄養のバランスが崩れて唇の乾燥を悪化させることも。

ではみずみずしいうるおいのある魅力的な唇を保つにはどうすればよいのでしょうか。

リップクリームを塗る

これは前述ですね。ひどい時には白色ワセリンを塗りましょう。

唇はさいわい肌よりも新陳代謝が良いので、早くあたらしい細胞が再生します。

つまり保護膜を作って外気からの刺激や乾燥を防いであげることでもとの健全な状態を早く取り戻せるのです。

加湿器などを使って部屋の乾燥度を下げる

唇の乾燥だけでなく空気の乾燥が肌にも悪いわけですから原因である乾燥を少しでも防ぐようにしたいものです。

栄養バランスに気をつける

規則正しい生活とともに栄養バランスに気をつけたいですね。

特に皮膚を元気に保つビタミンB2を含んだ食品をとるようにしたいものです。

ビタミンB2はうなぎ、納豆、レバー、ブロッコリーなどに多く含まれています。

唇の乾燥を防ぎ、みずみずしい健康な唇を取り戻しましょう。

ケミカルピーリングにきび

ケミカルピーリングがにきびで悩む人に大人気です。

にきびだけでなくにきび跡にも効果的と言われています。

にきびやにきび跡対策としてケミカルピーリングというスキンケア法があります。

ケミカルピーリングとは薬剤を使って意図的に古い角質や表皮、真皮を溶かし、新しい皮膚を取り戻すという方法です。

皮膚科やにきび治療専門のクリニックなどで慎重に行うと驚くほどの効果をにきびやにきび跡にもたらすと言われています。

にきび対策として注目されているこのケミカルピーリングに使われる薬剤として有名なのはAHAと呼ばれるアルファハイドロキシ酸です。

フルーツ酸と呼ばれることもあり、ケミカルピーリングでのにきび治療に頻繁に使われます。

POINT

毛穴を綺麗に整えたいのであればケアナノパックがおすすめです☆彡

このサイトのトップページである、【ケアナノパック】の口コミや効果を暴露!毛穴ケアはタイプ別!?も見てみて下さいね(*´ω`)/

 

-美容や健康について

Copyright© 【ケアナノパック】の口コミや効果を暴露!毛穴ケアはタイプ別!? , 2019 All Rights Reserved.