乾燥肌の症状と原因とは?乾燥肌の症状や原因を改善!

投稿日:

乾燥肌の症状と原因とは?乾燥肌の症状や原因を改善!

乾燥肌の症状と原因とは?

乾燥肌の症状や原因を知り、改善するための役立つ情報をご紹介しています。

乾燥肌の症状とはどんなものがあるのでしょうか。

乾燥肌の特徴としてもっとも多いのが、洗顔後の肌がつっぱったり、肌がカサカサする、白く粉をふくというものです。

さらに乾燥肌が進むとかゆみが出てくることもあります。

また、顔の肌だけではなく、ひじやひざ、くるぶしなどが黒ずんできたりひび割れたりします。

こういった全身のカサカサ、荒れがひどくなりますと皮膚がごわついたり、外の雑菌から肌を守れずに湿疹を引き起こしたりします。

怖いのは乾燥肌をきちんとケアせずに状態を悪化させることです。

乾燥肌を悪化させると角質層の細胞が荒れ、傷ついてしまし、カビや花粉、化学物質などの有害物質が侵入し、炎症や湿疹、かぶれが慢性的になってしまうことです。

さらに乾燥肌の症状が悪化すると、リンパ腺が腫れ、発熱を伴うこともあるので、正しく対処することが大切です。

乾燥肌原因

乾燥肌対策をとり、スキンケアをしていくためにまずは乾燥肌の原因を知りその元を正すことが近道です。

乾燥肌になってしまう原因はどんなことがあるのでしょうか。

乾燥肌の原因はさまざまなことがありますが、主なものは次の5つ。

肌の洗いすぎ

特に間違った方法での肌の洗いすぎはダメージが大きいです。

顔の洗い方法には細心の気を配る人も身体の肌には無頓着だったりします。

身体を洗う時ナイロンタオルでゴシゴシと洗っていませんか。

ナイロンタオルでのゴシゴシ洗いは肌には強すぎます。

肌の角質層を剥がしてしまい、カサカサのもとに。

乾燥肌の人は、石けんをたっぷり泡立てて、その泡で肌を包み込むように

やさしく洗いましょう。

ちなみに石けんはたっぷりと泡立てた状態の時が一番洗浄力も強いのです。

汚れをしっかり吸着してくれるようになります。

やさしく洗って、すぐに保湿!

くれぐれもゴシゴシと肌をいためる洗い方をしたり、あまりに頻繁に洗いすぎたりしないようにしてください。

気温と湿度の低下

冬になって気温が下がると、空気中の水分も少なくなり、湿度は低下します。

それだけではなく、体温を保持するために皮膚表面の毛細血管が縮み、肌の血行が悪くなります。

すると皮脂、セラミドや新しい細胞を作るための栄養が少なくなってしますのです。

皮脂分泌がへることでバリヤ機能が弱くなり、湿度の低下で空気が乾燥しているのでダブルで肌の水分が蒸発して乾燥肌の原因となるのです。

さらに肌内部の保水力をもつセラミドも少なくなっているので、さらに乾燥が進んで角質層が荒れてはがれてしまいます。

新陳代謝の低下

肌は新陳代謝が活発なほど、新しい細胞がきちんとつくられるのでうるおったきれいな肌になります。

しかし退社は温度の影響を受けるので、気温が低い冬などは特に新陳代謝の速度が落ち皮膚細胞の入れ替わりが遅くなります。

夏でもいつも冷房の効いた部屋で過ごしていると新陳代謝は速度が落ちるので注意が必要です。

ストレス等

精神的なストレスや睡眠不足、疲労などは、身体の免疫力を下げ、血液の循環を悪くして、肌荒れを起します。

食事バランスの乱れ

乾燥肌はビタミンやミネラルなどが十分に摂取されていないことが原因となっている場合もあります。

無理なダイエットや偏食は、皮膚に十分な栄養素を届けられなくなり、バランスを失った肌は乾燥肌になることもあります。

ホルモン

乾燥肌の原因にはホルモンの分泌量というものあります。

女性は25歳くらいから男性ホルモンの分泌量が低下し、皮脂の分泌が減ります。

うるおった肌は皮脂と肌の水分量のどちらも適度になければなりません。

皮脂量の低下も乾燥肌をまねく原因のひとつになるのです。

男性の場合は50歳を過ぎたころから男性ホルモンの分泌量低下がはじますので肌が乾燥してきます。

食事や生活習慣、ストレス対策をしましょう。

乾燥肌は冬のトラブル肌だと思っていませんか?

実は寒い冬だけでなく、夏でも冷房などの影響で、乾燥肌を引き起こしてしまうケースが増えています。

改善して美肌を手に入れるための方法をご紹介しています。

乾燥肌改善

乾燥肌は冬のトラブル肌だと思っていませんか?

そして 乾燥肌は改善できないと思い込んでいませんか?

実は寒い冬だけでなく、夏でも冷房などの影響で 乾燥肌を引き起こしてしまうケースが増えています。

ただ肌が乾燥してかさかさしているだけ、そのうちに治るなどと乾燥肌を放置しておくと、さまざまなトラブル肌の原因になってしまいます。

肌には角質層と呼ばれる外からの刺激から肌の内部を保護するための層があります。

乾燥肌の角質層は拡大して見てみると、荒れてめくれ上がってしまっています。

角質層の角質細胞は乾燥して荒れることで、さらに水分を失い適切な水分を保つことができなくなっていきます。

するとさらに肌はカサカサの乾燥肌に。

さらに外部の刺激を守る機能が低下しているわけですから、アレルギーなどを引き起こすアレルゲンの進入や、紫外線のダメージを受けやすくしてしまいます。

乾燥肌を改善しないで放っておくと・・・・ その結果ますます乾燥が進みさらにこじわや深いしわ、湿疹やシミなど肌の老化を招きます。

角質層がどんどん厚くなるとごわごわした肌になり、またそれがしわの原因となり・・・と「老化のスパイラル」 を招く恐ろしいことに。

でも安心してください。 乾燥肌になる原因、肌のメカニズムを知ることで、正しい乾燥肌対策を取り、乾燥肌を改善することは可能なのです。

しっとりうるおいのある美肌をめざしましょう。

乾燥肌とは

乾燥肌とは、皮脂の分泌と水分量をコントロールできない状態の肌のことを言います。

肌の表面には「角質層」という層があり、肌内部を外部の刺激などから守っています。

この角質層の外側を皮脂が覆っていて、角質層で保っている水分の量を乾燥から守っている役割をしています。

その結果うるおったみずみずしい肌となるわけですが、乾燥肌の状態とはこの角質層の保水量が少なくなったり、皮脂の分泌が低下したりして肌の内部の水分が少なくなっている状態となっています。

皮膚を顕微鏡で見ると肌の表面はひび割れができ、角質層がめくれて、荒れているのがよくわかります。

乾燥肌の自覚症状としては初期では、洗顔後につっぱる、カサカサする・・・という程度。

白く粉が吹いているような状態にもなります。

ひどくなると触れるとガサガサした感じがわかり、さらに乾燥が進むと化粧水などがしみたりアレルギーを引き起こして炎症などを起こしたり、かゆみを伴ったりします。

乾燥肌とはたんなる「ちょっとしたカサカサ感、つっぱり感」だけで、そのうちに治るもの・・・と放っておくと、肌の老化現象を早め、シミやしわ、くすみなどを直接引き起こすだけでなく、それら肌の老化現象の大きな原因である紫外線のダメージが大きくなることも。

乾燥肌は立派なトラブル肌の状態。さらにさまざまなトラブルの原因肌とも言えるのです。

POINT

毛穴を綺麗に整えたいのであればケアナノパックがおすすめです☆彡

このサイトのトップページである、【ケアナノパック】の口コミや効果を暴露!毛穴ケアはタイプ別!?も見てみて下さいね(*´ω`)/

-美容や健康について

Copyright© 【ケアナノパック】の口コミや効果を暴露!毛穴ケアはタイプ別!? , 2019 All Rights Reserved.